色みを考える

メイクアップ

つけ過ぎないようにする

クマを隠すために女性はコンシーラーを使うことがあります。最近は100円均一のお店でも手軽に購入できるようになってきているので、学生でもお小遣いで購入できて便利です。睡眠不足が続いていたり、疲労が溜まっていたりする時などにクマは出やすくなるため、コンシーラーでカバーしてみましょう。ただし、クマには様々な種類があります。色みがそれぞれ違うのです。黒っぽい人もいれば茶色っぽい人もいることでしょう。もしくは青みがかっている人もいるものです。それぞれ原因が異なるため、まずは原因を探り、改善できるものなら改善に務めることをおすすめします。例えば、青っぽいクマの人は貧血気味の人に多いと言われています。これは貧血を改善すれば治るかもしれないので、まずは血液検査をして調べてみるといいでしょう。老化現象による場合は黒ずんできてしまうことがあります。このような場合はコンシーラーでごまかすしかありません。ただし、色みを考えて使いましょう。クマを隠すためのコンシーラーといっても、種類がいろいろあります。あまり濃い色をつけてしまうとかえって目立つこともあるので注意が必要です。それにつけ過ぎてしまうとそこだけ浮いて見えてしまうこともあります。薄く伸ばすようにしてつけることがポイントです。よく言われているのは、自身の肌の色よりもワンランク濃い色みを使うことです。そうすることでクマが隠れやすくなります。さらに上からファンデーションを軽く乗せれば目立たなくなるはずです。